スーツ姿の男性

保存先として

大事なデータが入ってる外付けhddが認識しなくなったら、コチラで紹介されている業者に復旧作業をしてもらいましょう。

ネットワークの普及と共に、データの保存についての見直しも図られてきました。パソコンを利用するときにはデータの保存先が必要になりますが、データを保存しても、そのデータが失われてしまうという可能性も考えられます。そこで、登場したのが nasです。 nasは「Network Attached Storage」を省略した呼び方でパソコンの保存先に利用されるHDDのことです。これは、通常のHDDとは違い、USBケーブルではなくLANケーブルを利用します。なので、中にはLAN接続HDDと呼ぶ人もいます。 nasが注目されているHDDである理由としては、そのデータ容量がとても大きいことが特徴になります。そのほか、テラバイト級の容量がありながら、そのデータの保存先ディスクの障害にも強いということも nasの特徴として挙げられるでしょう。

nasの特徴がわかったところで、そのメリットについて知っていきましょう。 nasのメリットは、一つのデータを社内で共有できるということが挙げられます。社内でデータを共有する作業が多い会社ではとても使いやすくなり、仕事の効率が上がります。通常のHDDでは個人のパソコンの電源がついていなければ、データ共有を行うことが難しくなっていました。しかし、 nasではパソコンをつけていなくても共有できるのでとても楽になり、そしてエコにもなります。共有しているデータに関しては、個人で共有範囲を決めることが可能になりますので、細かく設定できます。 共有したくないデータがあれば、共有を外せます。nasのメリットはこれだけではありません。通常のHDDではデータを一括にまとめて保管すれば、故障する可能性があります。しかし、 nasは外付けHDDへのバックアップ機能があるほか、色々な保護機能が搭載されているのです。個人のHDDにだけデータがあるよりも、共有しているデータを複数の人が持っていることもデータの保護としては大きい保障に繋がるでしょう。

オンラインストレージは法人専用のタイプもありますよ。低料金で提供してくれますので安心して利用出来ます。大人数での使用が可能です。